発電所の検査を行う神鋼検査サービス

神鋼検査サービスは、創業以来全国の発電設備で、検査を行っています。この発電設備での検査は、電気事業法という法律で厳格な管理が義務付けられています。そのため、電気事業法をきちんと理解したうえで、検査・管理を行わなければなりません。
神鋼検査サービスが創業したのは、1986年のことで今から30年以上前になります。創業からの検査実績はかなりの数にのぼり、その対象も全国の発電設備に及ぶそうです。国内だけでなく、海外でも多くの検査実績を積み上げてきているようです。

■非破壊検査による検査
検査方法は基本的に目視となりますが、それが難しい場合、また、より細かな検査が必要となる場合は非破壊検査と呼ばれる検査方法が使用されます。非破壊検査というのは、その名称のとおり、検査の対象を破壊することなく行う検査のことです。通常、内部を目視で検査するとなると、切断したり、解体する必要があるのですが、その必要なくできる検査が非破壊検査なのです。
人間ドックで考えれば、身長や体重は器具を使って目視で検査できますが、体内の検査はX線を使ったCTや、磁気を使用したMRIが使用されており、これも非破壊検査ということになります。発電所等の非破壊検査では、磁気や超音波、放射線といったものが使用されます。例えば、ボイラ管の表面にある傷などの検査は目視でも可能ですが、肉厚を検査するとなると特別な非破壊検査が必要となります。
もちろん、末端の部分であれば、配管を外すことで計測することは可能ですが、ボイラ管の途中の部分を検査するとなると、その部分を切断しなければ計測することはできません。そのため、非破壊検査の技術はさまざまなシチュエーションにおいて、とても有効な検査方法となっています。

■超音波を使用した非破壊検査
超音波を使用した非破壊検査はUTと呼ばれ、発電設備の保全において代表的なものがボイラ管の肉厚を測定するマルチプローブ式内挿UTという技術です。ボイラ管の内部に超音波のセンサをとりつけたケーブルを入れ、超音波の反射を計測することで肉厚を計測します。管内を水で満たして、その中でケーブルを移動させながら計測することで、ボイラ管の全長にわたって連続的に計測することができるのも特徴のひとつとなります。
計測結果はカラーマップとして表示させることができるので、どこに問題があるのかも一目で確認することができるようです。これらの情報をもとに補修の計画を立てることになります。神鋼検査サービスでは、延べ数で33のサイトで900本以上の実績にのぼるとのことです。設備よって異なりますが、最長測定距離の実績は節炭器での100メートルがあるようです。