非破壊検査の神鋼検査サービス

検査や診断の業務を行っている神鋼検査サービスは、神戸製鋼所が全額を出資して設立した完全子会社です。1986年に設立されて以来、30年以上の間に多くの検査や診断を行ってきており、その実績はかなりのものといえそうです。検査や診断が中心にはなっていますが、それらの業務を行うための技術や設備の開発も行っており、自社で検査機器等の販売も行っています。
検査をすることは、品質を確認するのが目的ですが、実はそれだけではないと神鋼検査サービスは考えています。検査をするための新しい技術が開発されることで、今まで見えていなかったものが見えるようになり、そのことで品質をより向上させることができるようになるのです。実務内容としては、検査だけでなく、コンサルティングや品質保証、また、品質管理に関する業務代行等も行っているようです。

■中心となるのは構造物の非破壊検査
神鋼検査サービスの中心となる業務と言えば、やはり、非破壊検査ではないでしょうか。検査の基本は目視ですが、目視で検査できない箇所は非破壊検査が必要になります。神鋼検査サービスは発電設備の検査も行いますが、そこにはボイラ管といったような多くの配管が行われています。そのボイラ管の肉厚の検査を行う場合、目視でというわけでにはいきません。専用の機器を用い、特殊な検査を行います。
ボイラ管の肉厚の測定の場合は、マルチプローブ式内挿UTという測定技術が使用されます。これは、管内を水で満たし、その中にマルチプローブセンサを取り付けたケーブルを挿入し、計測を行うものです。マルチプローブセンサは、複数の超音波探触子が取り付けられており、ボイラ管に満たした水の流れに乗せて移動しながら計測することでボイラ管の全長において、連続での計測が可能になるのです。
もちろん、直線部だけでなく、湾曲部の計測も可能になっています。そのため、全体の肉厚の分布を調べることができ、カラーマップとして全体像を表示することができるそうです。

■いろいろな非破壊検査
ボイラ管の肉厚を計測するマルチプローブ式内挿UTは超音波を使用した検査ですが、超音波以外のものを使用した非破壊検査もあります。浸透探傷試験は浸透液を表面に塗布する検査方法で、肉眼では見えにくい傷も浸透液によって見えやすいものとなります。磁気探傷試験では、磁気を使用して見えにくい傷を検知します。この方法は適用分野も多いようです。
他にも放射線を使用した検査など、いろいろな非破壊検査の技術があります。神鋼検査サービスでは、経験豊富な検査の有資格者が多くいるため、要求に応じた検査やサービスの提供が可能になっているようです。

総合検査のスペシャリスト

検査は、検査をすれば終わりというものではなく、検査結果をどう活かすかというのが大切です。設備等の検査で不具合が見つかれば、修理や交換を行うことになりますが、材料の検査ではどうでしょうか。
不具合のある材料を使用しないというのはもちろんですが、検査技術が上れば上がるほど、より高度な品質のチェックが可能になります。結果として、より高品質の製品を生み出すことができるようになるのです。
その検査を専門に行っている企業が、兵庫県高砂市に本社を置く神鋼検査サービスです。さまざまな検査に関する有資格者を多く抱えており、国内だけでなく海外でも検査関連の業務を行っているようです。

■中心となるのは非破壊検査
いろいろな検査がある中で、中心となっているのが非破壊検査です。非破壊検査というのは、物を壊すことなく劣化の状態や欠陥のある個所を調べる技術です。超音波や磁気、放射線などいろいろな装置や技術を使用することで、非破壊検査が可能になるのです。神鋼検査サービスでは、発電設備の保全活動を行っているのですが、その点検には非破壊検査の技術が使用されています。例えば、ボイラ管表面の劣化の状態は目視で確認できますし、内側の状態に関しては、ファイバースコープなどのカメラで確認することができます。
しかし、ボイラ管の肉厚の状態を調べる場合はどうでしょうか。通常であれば、肉厚を測定するためには、その箇所を切断して測定しなければなりません。しかし、ボイラ管を切断してしまうと、そのボイラ管はそのままでは使用することができなくなってしまいます。そこで、超音波を使用してボイラ管の肉厚を測定するのです。

ボイラ管の全長連続肉厚測定技術について

■マルチプローブ式内挿UTという検査技術
神鋼検査サービスでは、マルチプローブ式内挿UTという技術を使用して検査を行います。特徴としては、全長にわたり連続した肉厚の測定が可能であるということ、また、ベンド部分も計測が可能になります。もちろん、手が届かない深層部の検査も可能ですし、フィンのついた箇所の付け根の箇所であっても検査が可能になるのです。マルチプローブ式内挿UTは、超音波探触子が取り付けられたケーブルをボイラ管の内部に挿入し計測を行うため、ケーブルが入ることのできる箇所であれば検査が可能になるのです。通常では50メートルを検査するのために1週間ほどかかるようです。
これは検査に時間がかかるというわけではなく、検査を行うため水の供給設備や電源の準備、機器の搬入といった準備にも時間がかかるのです。もちろん、検査後の撤去も必要になりますので、1週間ほどの期間が検査には必要ということのようです。検査機器を増やすことで、期間の短縮を行うこともできるようです。

発電所の検査を行う神鋼検査サービス

神鋼検査サービスは、創業以来全国の発電設備で、検査を行っています。この発電設備での検査は、電気事業法という法律で厳格な管理が義務付けられています。そのため、電気事業法をきちんと理解したうえで、検査・管理を行わなければなりません。
神鋼検査サービスが創業したのは、1986年のことで今から30年以上前になります。創業からの検査実績はかなりの数にのぼり、その対象も全国の発電設備に及ぶそうです。国内だけでなく、海外でも多くの検査実績を積み上げてきているようです。

■非破壊検査による検査
検査方法は基本的に目視となりますが、それが難しい場合、また、より細かな検査が必要となる場合は非破壊検査と呼ばれる検査方法が使用されます。非破壊検査というのは、その名称のとおり、検査の対象を破壊することなく行う検査のことです。通常、内部を目視で検査するとなると、切断したり、解体する必要があるのですが、その必要なくできる検査が非破壊検査なのです。
人間ドックで考えれば、身長や体重は器具を使って目視で検査できますが、体内の検査はX線を使ったCTや、磁気を使用したMRIが使用されており、これも非破壊検査ということになります。発電所等の非破壊検査では、磁気や超音波、放射線といったものが使用されます。例えば、ボイラ管の表面にある傷などの検査は目視でも可能ですが、肉厚を検査するとなると特別な非破壊検査が必要となります。
もちろん、末端の部分であれば、配管を外すことで計測することは可能ですが、ボイラ管の途中の部分を検査するとなると、その部分を切断しなければ計測することはできません。そのため、非破壊検査の技術はさまざまなシチュエーションにおいて、とても有効な検査方法となっています。

■超音波を使用した非破壊検査
超音波を使用した非破壊検査はUTと呼ばれ、発電設備の保全において代表的なものがボイラ管の肉厚を測定するマルチプローブ式内挿UTという技術です。ボイラ管の内部に超音波のセンサをとりつけたケーブルを入れ、超音波の反射を計測することで肉厚を計測します。管内を水で満たして、その中でケーブルを移動させながら計測することで、ボイラ管の全長にわたって連続的に計測することができるのも特徴のひとつとなります。
計測結果はカラーマップとして表示させることができるので、どこに問題があるのかも一目で確認することができるようです。これらの情報をもとに補修の計画を立てることになります。神鋼検査サービスでは、延べ数で33のサイトで900本以上の実績にのぼるとのことです。設備よって異なりますが、最長測定距離の実績は節炭器での100メートルがあるようです。

人々の暮らしに貢献する神鋼検査サービス株式会社

神鋼検査サービス株式会社は、株式会社神戸製鋼所の機械部門から独立した検査専門のエンジニアリング企業です。金属系や機械系分野の各種プラントや発電設備、工業製品など、国内外で検査サービスを一貫して提供しているといいます。検査業務はもちろん、計画から設備や余寿命の診断、予防保全など総合的な提案が可能だということです。
神鋼検査サービス株式会社は1986年11月21日に設立した会社で、兵庫県高砂市荒井町新浜を拠点に、サービスを提供しています。神鋼検査サービス株式会社が提供しているサービスとして、工業製品やプラント設備の非破壊検査、寸法検査などがあります。また、生産現場の品質検証として一般試験検査、事故防止提案や材料評価のための材料調査、生産現場や製造現場、研究施設などで使用される計量器や計測器を比較校正するなど、さまざまな検査技術コンサルティングを行っているようです。

■連続測定が可能なマルチプローブ式内挿UT
神鋼検査サービス株式会社が行っている業務に、発電設備保全があります。風力発電所や火力発電所にかかわる安全管理審査支援を行っており、その中で行っている検査サービスの一つに、ボイラ管の肉厚測定があります。ボイラ設備には加熱器や再熱器、節炭器などが配置されているとのことですが、多くのパネルが集まっているので、通常は深層部にあるボイラ管の外部から肉厚を測ることは難しいよといいます。また、フィンが付いているボイラ管も精度の高い肉厚測定が難しいとされているようです。
神鋼検査サービス株式会社では、マルチプローブ式内挿UTというボイラ管を連続で肉厚測定する技術を持っているといいます。マルチプローブ式内挿UTでは、ケーブルに超音波探触子をもつマルチプローブセンサを付け、水を入れた管内にケーブルを挿入することで、水流に合わせてセンサを移動することを可能にし、連続して全長の測定ができるようになるとのことです。

■マルチプローブ式内挿UTの特徴とは
マルチプローブ式内挿UTの大きな特長として、ボイラ管の連続肉厚測定ができるという点があります。パネル管群の場合、深層部まで手が入らなかったり届かないことも多いですが、マルチプローブ式内挿UTはボイラ管の深層部まで測定が可能になっており、測定も行えます。また、マルチプローブ式内挿UTは横型縦型とパネルの向きを気にすることなく、どちらでも対応できるようです。

検査サービスが主力の神鋼検査サービス株式会社

1986年に設立した神鋼検査サービス株式会社は、兵庫県高砂市に本社を構える企業で、非破壊検査や計量・校正、安全管理審査を主軸に業務を行っているということです。
一定の基準に合わせて、設備の製品や部品などの適不適を決め、修理が必要かもしくは故障部分はないか特定を行うのが、一般的な検査なのだそうです。消耗具合によっては破損する前に部品を交換し、故障や異変が発生したときは強度や引張などを調べることもあるといいます。
一方、非破壊検査とは、検査対象となる製品や部品に傷を入れたり破損させないよう、外側から内部を検査する方法です。傷や破損がある不適合品を事前に修正、または排除することができるため、非破壊検査は幅広いジャンルで実施されています。
神鋼検査サービス株式会社では、このような非破壊検査を実施することで、安心で安全な製品をお客様に届けることが可能になっているといいます。

■発電設備の保全活動も行っている神鋼検査サービス株式会社
神鋼検査サービス株式会社では、火力発電所や風力発電所などの保全業務も支援しています。点検周期表や定期事業者検査要領書、溶接事業者検査要領書や使用前自主検査要領書などのプランを立て、実際にボイラ管の肉厚測定や溶射膜厚測定などを実施しているとのこと。目視点検はもちろん、熱交換機チューブの肉厚測定やボイラ管のスケール厚さ測定、給水や蒸気配管の測定と余寿命評価などを行っています。

■深層部でも測定ができるマルチプローブ式内挿UT
発電設備保全の検査サービスの中でも、神鋼検査サービス株式会社が特に高い技術を誇るのが、ボイラ管の全長連続肉厚測定を行うマルチプローブ式内挿UTです。一般的にはパネルがたくさん配置される深層部のボイラ管には、外側からの測定が難しいとされています。
しかし、マルチプローブ式内挿UTでは、加熱器や再熱器などのボイラチューブが密集する深層部でも、外側から管の肉厚測定を行えます。管の曲管部を通過させられるので、わざわざ曲管部を切断して測定を行う必要がないのだそうです。管の管長手方向へ、連続して測定を行うので、外側からの定点肉厚測定で見落としやすい減肉を探しやすくなるといいます。
神鋼検査サービス株式会社では神戸発電所を始め、これまで33サイトで900本以上を検査した実績があることから、ボイラ管の肉厚測定に関しては信頼度の高い会社といえるのではないでしょうか。